炙りほたて

ホタテの珍味
【今月のブログ企画週間のお題は『お酒に合うおつまみ』です。】

こちら、山内鮮魚店さんのひとくち珍味『炙りほたて』は、きりっとした日本酒との相性ばっちしでとても美味しゅうございます。
まさしく、「食ってみな、飛ぶぞ!」なのでございます。
パッケージには謙虚にも「ひとくち」と書かれておりますが、かなり大きいと思われる肉厚ホタテがふたつとお手拭きが入っております。
お酒ももちろんですが、菓子請けでもいただくお気に入りでございます。Sato

タコの天麩羅

タコ
先日、親戚さんより手のひらほどのタコをいただいたのでございます。その場で、茹でて持たせてくれたそうで、ぱきっとぷりっと美味しゅうございました。
わが家のいつもの定番は「タコの天麩羅」でございます。
タコの甘みを感じることが出来るのでとても好きなのでございます。
しかしながら、タコとてんぷら油は食べる相性は良くとも、調理するときには撥ねる油と格闘ものなのでございます。
聞くに油はね防止ネットなるものが売られているそうで、ステンレスの細かい網に持ち手がついているとのこと、それを鍋に蓋をするように置いて使うそうで。。。
先日、まさしくそれを売り場で見掛け、手に取って自分の顔を隠すポーズ取ってしまっておりました。
お恥かしい限りでございます。Sato

牛肉の塊

肉
無性に「肉」が食べたくなることがございます。
ミートピアサヌキさんの国産牛肉「厳選・旨い牛」のヒレブロック在庫ありとございましたので、即決購入でございます。
そして、またの低温調理器が大活躍でなのでございます。
今回は低温調理の下ごしらえ後に手ごろなサイズに切り分け外をカリッとしかっり焼き目つけてステーキでいただいたのでございます。
とにかく、美味しゅうございました。
何となく、思い通りの火入れが出来るようになりましたゆえ、次回は、ソースを凝ったものにしてみようと思うのでございます。Sato

枇杷

枇杷
初夏を告げる代表的な果物の枇杷でございますが、今年は写真の枇杷が初物で、旬終わりとなってしまったのでございました。

子供のころには、ご近所の庭に枇杷の木があって、食べ頃を迎えた実を下から眺めていると「ひとつ食べる?」なんてお家の方に声をかけてもらえた身近な果物でございました。

最近は高級果物として店頭に並んでいるのを見掛けると感慨深いものがございます。Sato

ピーマン

ピーマン
【今月のブログ企画週間のお題は『好きな野菜』です。】

実は、家族の一番嫌いな野菜『ピーマン』が好きなのでございます。
この深い緑の艶感とフォルム、味を含めてどれをとっても魅力的にございます。
一番好きなのは、天麩羅にございます。
肉詰めに青椒肉絲、ナポリタンにお浸し、酢豚のピーマンも最高でございます。
Sato

青梅を漬ける

梅ジュース
スーパーで青梅が出回る季節となり、わが家でも梅ジュース飲みたさに青梅を漬けてみたのでございます。
わたくし、梅干しなどのように実をそのままいただくようなものは得意ではございません。
しかしながら、梅シロップで作る炭酸割りジュースならば大好きなのでございます。
梅雨入りを迎え、ジメジメとすっきりしない日にはこの爽やかな飲み物が格別でございます。
出来上がりが楽しみでございます。Sato

ドライカレー

ドライカレー
先日のことでございます。
わが家にございます一番の大鍋で1㎏の豚ひき肉を使ってドライカレーを作ったのでございました。
大鍋を木べらで豪快にかき回すというわたくしなりのストレス発散法でもあるのでございます。

ひとりランチでいただいた残り全部をうっかり小分けにして冷凍してしまいましたゆえ、家族の口にはまだ入っておりません。
「食べてないんだけど…」と言われる前に明日のランチで出そうと思うわたくしでございます。Sato

1 / 6912345...102030...Last »